メズム東京 オートグラフ コレクション 宿泊記 客室編

先日、SPGアメックスの無料宿泊券を利用して
メズム東京オートグラフコレクションに宿泊してきました。

2020年は春に予定していたヨーロッパ旅行がキャンセルになり、
ゴールデンウィークもお盆もまんぷく夫婦の実家がある大阪への帰省もキャンセル。
家にいるのが大得意な夫婦とはいえ、たまにはお出かけしたくなります。

夫が久しぶりに有給が取れることになり、宿泊2日前に予約して外泊してきました。
が、宿泊前日、夫は有給取れなくなったんです(笑)
  

私は7月に夫を置いて友人とザ・リッツ・カールトン日光に外泊してきましたが(笑)

ザ・リッツ・カールトン日光 ダブルルーム&スイートルーム編

2020年7月27日
 

ということで、メズム東京オートグラフコレクションを備忘録します。
今回は客室編です。

 

メズム東京 オートグラフ コレクションの外観&アクセス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まんぷく・世界のごはんの備忘録(@manpukutabi)がシェアした投稿

庶民なのでもちろん電車で行きました。笑

公共交通機関からのアクセスは
JR山手線・京浜東北線、モノレール「浜松町」駅 北口より徒歩6分
新交通ゆりかもめ「竹芝」駅より徒歩3分
都営大江戸線・浅草線「大門」駅 B1/B2出口より徒歩7分

行きはひとりで竹芝駅からホテルへ。
帰りは夫とタクシーで浜松町駅から帰りました。
ホテルから浜松町駅はタクシーでワンメーターでした。

 

チェックイン & ホテルのコンセプト

1階のエントランスではまずサーモグラフィーのような体温計で検温&アルコール消毒。
名前を告げ、ホテルフロントがある16階に案内して頂きました。

 

エリート会員デスクでチェックイン

まんぷくはマリオットボンヴォイのプラチナ会員のため、
エリート会員用のデスクで座ってチェックインできました。

ウェルカムドリンクとしてハーブウォーターのようなものを頂きました。
何を使っていたか説明して頂いたのですが、忘れてしまいました。
微妙な味でした(笑) 

 

 

メズム東京について熱く語っていただきました。

チェックインをしているときに、副総支配人の春名さんが挨拶にきてくださいました。
メズム東京について熱く語っていただきました。

・リッツ・カールトンやセントレジス などのホテルとは一線を画する
 唯一無二のホテルであるし、そうでなければいけないと思っている。

・劇団四季の新劇場もメズム東京のあるすぐ隣に開業するので
 メズム東京もその劇場の一部で
 メズム東京はホテル全体が劇場というコンセプト。

・16階のホテルロビーでは毎日「ショーケース」という無料イベントが開催され
 さまざまなアーティストがさまざまなパフォーマンスをお届けしている。
 (「ショーケース」のスケジュールはこちらから確認できます。)

・ホテルスタッフのことは「タレント」と呼ぶ。
・タレントさんたちは有名なメイクアップアーティストさんにひとりずつ
 髪型、メイクなどの指導を受けている。
・タレントさんたちの独特なお辞儀も、劇場でカーテンコールの時に演者がするポーズ。
(ちなみに、人生で大切なことは全て漫画から学んだと豪語するまんぷく夫は、
 あのポーズは手がグーなら進撃の巨人の「心臓を捧げよ」のポーズだ!!って喜んでました。え?)

・ゲストルームのカテゴリーも劇場での場面の変わり目という意味で
 チャプターという言葉を用いている。

・ホテルのゲストがいるところはフロントステージ、
 通常バックヤードと呼ばれる場所はバックステージと呼ぶ。

などなど、熱く語っていただきました。
ホテルに対する並々ならぬ愛情が伝わってきました。

 

旅好き仲間とメズムってどういう意味だろうね?
メロディー&リズムの略?(笑)とか適当な話をしていたので、
まんぷくからはメズムってどういう意味ですか?と聞いてみました。

春名さんは「よくぞ聞いてくれました!」とおっしゃり、
英語の「mesmerize」=「魅了する」
という単語からきていると説明してくださいました。

お部屋の準備ができるまでラウンジ、club mesmで寛いでくださいと
おっしゃって頂いたので、お言葉に甘えてクラブラウンジで泡ドリンクを頂きました。

 

お部屋がアップグレードされました。

今回はSPGアメックスの無料宿泊券で宿泊したので、
5万ポイントで予約ができる
「chapter 1,1キング」で予約しました。

チェックイン前にマリオット・ボンヴォイアプリで確認したところ、
「chapter 2,  1 キング, ガーデンビュー, バルコニー」
にアップグレードされていました。

が、夫が休みが取れなくなり出勤し、
ホテルに何時に到着できるわかりませんでした。
ホテルのルームサービス終了時間すら過ぎそうでした。
なので、お互いゆっくり休めるようにと思い、
ダブルのお部屋に変更して頂けないか確認したところ、快く変更してくださいました。

その時すでにchapter2のキングルームで
お部屋の最終確認までして頂いた後だったのですが、
笑顔で対応してくださって感謝しています。

ということで、宿泊するお部屋は
chapter1 ツイン エグゼクティブ,  2 ダブル, ガーデンビューのお部屋となりました。

 

chapter1 ツイン, ガーデンビュー、バルコニーのお部屋がこちら

chapter1 ツイン, ガーデンビュー、バルコニーのお部屋

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まんぷく・世界のごはんの備忘録(@manpukutabi)がシェアした投稿


24階のエグゼクティブフロアでした。
 

 

24階ガーデンビュー客室のバルコニーからの景色


8月後半の16時頃の景色です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まんぷく・世界のごはんの備忘録(@manpukutabi)がシェアした投稿


客室からの5時頃の朝焼け。
夜景は・・・・酔ってて撮り忘れました(笑)

謎の人形

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まんぷく・世界のごはんの備忘録(@manpukutabi)がシェアした投稿

客室に入ると謎の人形がお出迎え。忍者ハットリくん?ネズミ?熊?
フラッシュ撮影をすると仕掛けがみれます。
よろしければ上の写真をスワイプしてみてください。
忍者っぽいですよね?
翌日、忍者っぽいって言ったら、春名さんに軽く否定されました(笑)
 

 

バスルーム&アメニティ

バスルーム 


バスルームは広々していてガラス張り。
ハンドシャワーとレインシャワー付き。

基本的にあらゆる説明書を読まないまんぷく夫婦。
私も夫も蛇口をひねると予期せぬレインシャワーの洗礼を受けたので、
みなさま、お気をつけください。
 
そして、ガラス張りのお風呂は

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まんぷく・世界のごはんの備忘録(@manpukutabi)がシェアした投稿


安心してください。閉まりますよ。
開閉スイッチはバスローブがかかってる壁の横にありました。
このブラインド、和紙でできていました。
ここにも日本、東京っぽさを演出しているのでしょうか。
和紙ブラインド素敵でした。

アメニティ

アメニティはこの本の中に詰め込まれています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まんぷく・世界のごはんの備忘録(@manpukutabi)がシェアした投稿



開けるとアメニティがパズルのようになっています。
ちょっとワクワクします。


中身はこんな感じでした。
泡だてネットを買い換えようと思って他のでちょうど良かったです(笑)


ボディウォッシュ&コンディショナー&シャンプー
BULK HOMMEのメズム東京オリジナルバスアメニティだそうです。
初めて聞きました(笑)

バスソルトもBULK HOMMEでした。
バスソルトは青色で、バスタブに入れてとける時の色がすごく綺麗でした。
ここでも、忍法!的に感じましたが、忍者がテーマじゃないらしいです(笑)

 

バスローブなど

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まんぷく・世界のごはんの備忘録(@manpukutabi)がシェアした投稿


人生No. 1バスローブでした。

メズム東京のバスローブは薄くて軽い!そして肌触りがめちゃめちゃ良かったです。
なにも着てない感覚と言っても大げさじゃないと思うほど。

素材は確認するのを忘れましたが、買って帰りたい!と思ったほど。
値段確認するのも忘れてましたが、きっと高いでしょう。

浴衣とバスローブが合体したようなつくりです。
私はシンプルにボタンを留めただけで使いました。
ボタンがあるので寝相が悪い私でも
朝起きたらお腹には帯だけ状態にならずにすみました。

部屋のタブレットにバスローブのレクチャーがあります。
私はアホなんで一回見ただけでは理解できなかったです。
ちゃんと着るととてもおしゃれで素敵でした。(動画では。笑)


お部屋にはペンタイプのアルコールスプレーも用意されていました。


金庫はリッツカールトン日光にもあった上に開くタイプ。


靴磨きセットもありました。


雪駄もあります。これがなかなか履きやすかったです。
リッツ・カールトン日光の下駄は
重くて、硬くてこけそうになりましたが、これは大丈夫でした。


もちろんフカフカスリッパもありました。

 

ミニバー


こちらはミニバー。
コーヒーは最近主流のネスプレッソ系ではなく、
猿田彦珈琲のハンドドリップタイプ。
  


引き出しを開けるとこんな感じ。


メズム東京の制服を着たペコちゃんのミルキーとマカロンがありました。


冷蔵庫には冷えたハートランドビールとミネラルウォーターが入っていました。
美味しく頂きました。


そして抹茶を点てる茶筅もありました。
抹茶の点て方も部屋にあるタブレットの動画で確認できますよ。
わからないことは、とにかくタブレットを見ましょう(笑)

実はまんぷく夫は元茶道部部長(笑)
名ばかり部長で、下宿先より居心地がいいからと畳の部室にほぼ住みついて
麻雀に明け暮れていたそうです。

ということで、夫と出会って初めてお茶を点ててもらいました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まんぷく・世界のごはんの備忘録(@manpukutabi)がシェアした投稿

 

メズム東京 ルームサービスメニュー In-room Dining

夫が到着したらすぐオーダーできるようにと
酔っ払いながら必死でタブレットを撮って、
夫にルームサービスメニューを送っていました(笑)
見にくいですが・・・・載せておきます。
(クリックで拡大できます。)

  



結局夫が仕事を終えてホテルに到着したのは23時頃。
新型コロナ対応でルームサービスも終了していた時間でした。
本来であればインルームダイニングは24時間営業だそうです。

夫の到着はかなり遅くなってしまいましたが
翌日はレイトチェックアウトで16時まで滞在できたので、
朝食、ランチをホテルで頂き、かなりゆっくりと過ごすことができました。

プラチナエリートメンバー以上のレイトチェックアウト16時までってほんと神。

メズム東京に宿泊される方はぜひガーデンビュー、
バルコニー付きのお部屋を選んでみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です