新潟駅から歩いていける今代司酒造は酒蔵見学も試飲もできる!

新潟といえば米!米といえば日本酒!

ということで、友人が酒蔵見学に連れていってくれました。
私と東京からの友人は新潟駅すぐのホテルに泊まっていたので
新潟の友人とは駅で待ち合わせ。
酒蔵に連れて行ってくれるということで車に乗りました。

 

今代司酒造は駅から歩いていける酒蔵!車だと5分!

酒蔵に連れて行ってくれるというので、
長旅になるぞ!と覚悟して車に乗ったら、

「今代司に着いたよー」

と友人。

え?もう着いたの?とびっくりするほど新潟駅から近くにあります。
乗車時間5分です。
徒歩だと15分くらい。

新潟駅から歩いていけるほど近いので観光にぴったりです。

入り口を入ると大きな杉玉が迎えてくれます。

 

酒造見学は無料で7名までは予約不要!

今代司の酒蔵見学は無料。
所要時間は30分とのことでしたが、しっかり説明して頂いたので30分は超えていた気がします。

酒蔵見学は 

1名〜7名までは
予約不要。スタート時間にお店に入ればOKです。
9時、10時、11時、12時、13時、14時、15時、16時スタートの1日8回。
英語ツアーは土日祝日を除く平日14時からのみ。

   
8名~40名程度
要予約。
ホームページの専用予約フォーム、電話、FAXで予約できます。
9時半、10時半、11時半、12時半、13時半、14時半、15時半スタート。
予約状況によっては当日予約も可能なようなので、電話で問い合わせしてみてください。

 

酒蔵見学スタート!

お店の杉玉の奥にある暖簾をくぐり横にあるスリッパに履き替えます。
そして、引き戸を開けると酒蔵です。


ここでも杉玉と立派なしめ縄が!
こちらで今代司酒造さんのお酒の特徴を聞いたり、
お酒造りに使うお米が入った米袋の山にびっくりしたあとは、
この中に入っていきます。

お酒を管理するサーマルタンクが並んでいます。

今代司酒造さんは2006年からは、醸造アルコールの添加を一切行わない
全量純米仕込みに切り替え、純米大吟醸酒、純米吟醸酒、純米酒のみを造っているそうです。

私たちが訪れた時は今年のお酒造りが始まった時期だそうで、
今年の原料のお米と水と気温などで今年のお酒をどう造っていくのか
試行錯誤の時期だと仰っていました。
醸造アルコールを使わずに高品質なお酒を造り続けることはとても大変なことなんだと思います。


歴史を感じる蔵です。かっこいい。


これはお酒を絞る機械。
何重にも重なったフィルターを通ってそのフィルターに残ったものが
酒粕だそうで、どうして酒粕がシート状になっているかの謎が解けました!


各お酒一升分に使われている玄米の量と酒造りに使う精米後のお米の量が展示されています。


展示物もいろいろあってかなり楽しめました。

 

お待ちかねの試飲タイム!

試飲ができるのは酒蔵見学後です。
甘酒1種類とノンアルコール2種類は無料で試飲ができました。

もっと試飲がしたい方はお店のレジで1000円を払うとお猪口がもらえるので
そのお猪口で並んでいるお酒を試飲できます。
お猪口は持ち帰れます。購入時に持ち帰り用のビニール袋を頂きました。

10種類以上のお酒があったと思います。

私たちはもちろん1000円のお猪口で試飲しました。
牡蠣に合う日本酒やチーズに合う日本酒や
今代司の純米酒に新潟の藤五郎梅を漬け込んだ梅酒もありました。


こちらは高級なお酒テーブル。(たぶん)
この赤と白のボトルが錦鯉というお酒で720mlで5500円の高級日本酒です。

もちろん全種類飲んで、いい感じに酔っ払いました。

新潟駅から近い今代司酒造、ご旅行やおでかけのスキマ時間にいかがでしょうか?
すごく楽しめますよ!!!

 

住所  :〒950-0074 新潟県新潟市中央区鏡が岡1−1
電話番号:025-245-0325
営業時間:9:00〜17:00
定休日 :なし。年中無休。(年末年始除く)
web    :http://imayotsukasa.co.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です