メキシコシティ空港での国際線から国内線への乗継ぎ体験記

2019年10月にメキシコ旅行に行ってきました。
なぜメキシコを選んだか、その理由は単純すぎて恥ずかしいのですが、
マイレージで取れるビジネスクラス以上の席で、
せっかくビジネスクラスに乗るのだからと飛行時間が長い場所を選んだらそれがメキシコシティだったからです。(←お恥ずかしくらいの平民思考)

往路約12時間、復路約15時間です。

ということで、SPGアメックスで貯めたポイントをANAマイレージに移行して、
ANA直行便メキシコシティ線、ビジネスクラスの特典航空券を発券しました。

特典航空券を発券してからメキシコのどこに行こうか考えました。
実はメキシコで一番行きたかった場所はカンクン近くのTulumでした。
Tulumですごく泊まりたいホテルがあったのですが、
旅行の時期はハリケーンシーズンの終り頃。
終り頃なら大丈夫かな?と思っていたのですが、
万が一ハリケーンが直撃して帰国する飛行機に乗れないとなると大変なので
今回の旅はカンクンのあるユカタン半島、カリブ海周辺は避けることにしました。

そして治安のいい場所はどこだろうと調べ、オアハカに行くことに決めました。

日本からオアハカは直行便がないので、乗継が必要になります。
その乗継体験をレポしたいと思います。
 

 

 

メキシコシティ空港はターミナルが2つ

メキシコシティ国際空港は建国の父の名にちなんで
ベニートフアレス国際空港とも呼ばれています。

空港にはターミナルが2つあります。

ターミナル1は日本発メキシコ行きでよく利用される航空会社では
ANA        (成田から直行)
アメリカン航空  (日本からアメリカ経由)
ユナイテッド航空 (日本からアメリカ経由)
が発着します。

ターミナル2は日本発メキシコ行きでよく利用される航空会社では
アエロメヒコ (成田から直行)
デルタ航空  (日本からアメリカ経由)
が発着します。

 

メキシコの国内線航空会社とターミナル

メキシコシティーオアハカ間を就航している航空会社は4社あります。

アエロメヒコ / Aeroméxico(メキシコのフラッグキャリア)

インテルジェット / Interjet  (LCC)
ボラリス / Volaris     (LCC)
アエロマール / Aeromar  (LCC)

 

このうち、メキシコシティ空港の

ターミナル1を発着するのが
インテルジェット、ボラリス

ターミナル2を発着するのが
アエロメヒコ、アエロマール

です。

 

まんぷくの場合の国内線の選び方

まんぷくがメキシコ国内線のフライトを考える際に考えないといけないことは
・まんぷく夫婦はスペイン語は全くできない。
・メキシコシティ空港は初めて行く空港。
・ANAの航空券はメキシコシティまでなので、
 メキシコシティ空港で入国し、一旦荷物を取って再度チェックイン&荷物預けが必要。

ということ。

上記のことを踏まえて出した結論は、
・初めての空港だし言葉が全くわからないのでターミナル間移動は避けたい。
 →ANAの発着するターミナル2を利用する航空会社。
・入国審査&荷物ピックアップ、国内線航空会社へチェックイン&荷物預けがあるので
 乗継時間に余裕があるフライト。

ということで、
メキシコ→オアハカ間はインテルジェット(Interjet)を利用しました。

スケジュールは
成田発                16:45 →→→ メキシコシティ着 15:20
メキシコシティ発 19:05 →→→ オアハカ着        20:05

となりました。
ちょっと乗継時間が長すぎるかな?と思ったのですが、
乗継時間が短くてヒヤヒヤ、ドタバタするより
ゆったり安心して待つことを選びました。

ちなみに、インテルジェットのメキシコーオアハカ間は1人=133.76USD。
預け荷物は1つ込みの税込料金です。

 

 

インテルジェット(Interjet)の旅程表に記載されていた注意点

インテルジェットの航空券を購入後届いたメールには
予約番号やフライトスケジュールと一緒にチェックイン時間の注意も記載されていました。

 
Don’t forget
 
  • For national flights:arrive 2 hours early with an official ID.
  • For international flights: arrive 3 hours early with passport and U.S. visa.
  • An official ID may be required during any part of the process.
  • If you won’t include checked baggage for your flight you can get your boarding pass online up to 48 hours before your flight’s departure.

・国内線フライトは公的証明書(パスポート)を持って2時間前までにお越しください。
・国際線フライトはパスポートとアメリカビザを持って3時間前までにお越しください。
・公的証明書(パスポート)はいつでも提示できるようにしてください。
・預け荷物がない場合は出発時間の48時間前までにオンラインで搭乗手続きができます。

国内線フライトでも2時間前チェックインが推奨されているし、
入国審査もあるので、時間に余裕を持った乗継フライトにしてよかったと思っていました。
この時は(笑)

 

ANAメキシコシティ線からの入国審査

ANAのメキシコシティ線は時刻表より早く到着。
初めての空港でドキドキの乗継が私たちを待ち受けています。

まずは入国審査です。
ビジネスクラスだったので飛行機からはすぐに降りることができました。
そして入国審査に並んで行くと、係員からジェスチャーで
「あっちへ並べ!マシンのところ!」
と言われたので素直にマシンが並んでいる場所に行きます。

mex入国審査

これでできるだ!人いないしラッキーと思って
日本語を選んでマシンの通りにパスポートをスキャンしたり
指紋を登録するのですが、
ぜんぜんうまく行きません。エラーが出ます。

これでできたとしても、機内でもらった入国書類はどうするの?
と頭が???でいっぱいになっていました。

結局器械の先に職員が現れて、普通に入国審査を受けました。
なんだったんだ。これは。

マシンの方へいけー!って言われても無視して普通の列に並ぶ方がいいと思います。
私たちが手こずってる間に普通の列に並んでいる人が入国審査を終えてどんどん先に進んで行きました。

入国書類の半券みたいなのをパスポートに挟んで返されますが、
この書類はメキシコ出国の際に回収されます。
これがないと罰金が取られるようなので、失くさないようにご注意ください。

 

ANAメキシコシティ線からインテルジェット(Interjet)国内線への乗継方法

なんだかよくわからない入国審査が終わり、荷物をピックアップ。
そして税関を越えて制限エリアから出てインテルジェットのチェックインカウンターを目指します。

制限エリアの自動ドアを出ると左にまっすぐ進みます。
インテルジェットのチェックインカウンターは進行方向左側
BとCの間にあります。

国内線乗り継ぎに行くまでに左手に両替所がいくつもあるので、
両替しておくのもいいと思います。
私たちは出てすぐの両替所で両替しましたよ。

  
(この写真はドアから出て左に進んだ進行方向逆から撮っています。)


(この位置から左後ろあたりにinterjetのチェックインカウンターがあります。)


私たちが並び始めた時はこのラインが人で埋まるくらい混雑していました。
チェックインが終わるまで20分は並んだと思います。
チェックインが終わったら混雑は少し解消されていました。

チェックイン後はチェックインカウンターの隣にあるセキュリティーチェックを通って
搭乗ゲートに向かいます。ここまでは超スムーズ!

飛行機に乗ってオアハカに着いたら軽くご飯食べて爆睡しよう!と思っていましたが、
ここはメキシコ。そんなにスムーズに行かないのでした(笑)

搭乗ゲートもなかなか表示されないし、
約2時間の遅延でようやくオアハカに到着し
ホテルの部屋に入れたのは23時でした。

長い1日目は移動で終了しました。

この国内線移動については注意が必要なので、別記事を書きたいと思います。

 

 

こちらの記事もどうぞ!

インテルジェットで移動。しれっと遅れるメキシコ国内線の注意点!

2020年1月10日

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です