ビルバオでパエリアが食べられるお店は?本当に美味しいの?

スペイン、バスク地方の旅行記です。
今思い返したら、これが今回のバスク旅最後の食事でした。
翌日早朝マドリードへのフライトがあったので、
ビルバオで朝ごはんを食べずに飛んだのでした。

そんなバスク地方最後の晩餐は・・・・・・
バスク料理かと思いきや!
夫の熱い希望でパエリヤでした(笑)
 

朝はサンセバスチャンで思い残すことがないように
早くからオープンしているスポーツでピンチョスを食べ、
お昼はラビーナデルエンサンチェで軽く食べ、ビスカヤ橋へ。
カフェでビルバオ名物カロリーナを食べ、ホテルに戻って昼寝。
夕方グッゲンハイム美術館に行って、
La Batea Mejillonerías でムール貝。
コルマドイベリコで最高級ハモンイベリコを堪能。
そして、バスク最後だ!何を食べたい?と夫に聞いたら、
 

「どうしても、パエリヤが食べたい!!」
 

と言うではありませんか。
え?パエリアってバスクの料理じゃないよね?
バレンシア地方の料理だよね?と思いつつ、
夫の意見を尊重して、いってきました!

ラ バラカ LA BARRACA

エントランス入ってすぐはバルスペース。
パエリア食べにきたと伝えると扉をあけて
隣のレストランスペースに案内してくれました。

私たちの後に若い旅行者風のお兄さんが1人で入ってきて
1人用パエリヤ頼んでました。

オープンしてすぐの20時ごろに伺いました。
スペインの夕食時間より早かったからなのか、
お客さんが少ない。
バスク最後のごはん、しくじったか?
とドキドキしながらパエリヤを待っていました。

 

メニュー、値段は?

シーフードパエリヤ2人前 1人前17€

白ワイン 3€
ミネラルウォーター 3€

魚介のお出汁がよくでて、お米も固すぎずちょうど良い硬さで
すごく美味しかったです!
やっぱりお米は落ち着きますね。
(お昼もリゾット食べたくせに。笑)

ウェイターさんは強そうな無愛想な人でしたが、
写真を撮るのを待ってくれたり手伝ってくれたりと
無愛想に見えただけでした。

米好きまんぷく夫婦らしいバスク最後のごはんでした。
 

どこにあるの?

住所  :Calle de Bertendona, 6, 48008 Bilbao, Vizcaya, スペイン
電話番号:+34 944 15 08 18
web       : https://www.restauranteslabarracabilbao.com/

こちらのお店、周辺にもう1店舗あります。
上記は私たちが伺ったお店です。

 

営業時間は?

月〜土曜日:10時30分~15時30分 /20時00分~23時00分
定休日  :日曜日

クレジットカード使用可。

 

こちらの記事もどうぞ!

バル攻略法カウンターピンチョス

サンセバスチャンのバル攻略法。オーダー方法は?日本語は通じる?

2019年8月5日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です