サンセバスチャンのペンシオンウラウデは最高の立地の宿でした。

美食の街、サンセバスチャンの旅行記です。
私たち、まんぷく夫婦がサンセバスチャンに行った目的は

ズバリ!「バル巡り」
です。

本当はサンセバスチャンのマリオット系列の高級ホテル、
ホテルマリアクリスティーナに泊まりたかったのですが、
なかなかのお値段だったので断念。

サンセバスチャンはホテルでゆっくりではなく、
短く激しくバル巡りの予定だったので
そんなバル巡りをいかに効率よく楽しむか、
宿にいる時間や値段などいろいろ考えた結果、
旧市街に泊まることにしました。

旧市街内にはホテルではなく、
今回泊まったペンシオンのような宿が多かったです。
ペンシオンはスペインでは比較的低価格で泊まれる
小規模なホテルを指すようです。

その中で検索時点で空いている
(検索した時は結構予約がいっぱいでした。)
ここならいいかな?と思って泊まった宿が、
ペンシオンウラウデ (Pension Ur-Alde)
です。

どこにあるのか?


Mari通りからPortu通り入って50メートルくらい進んだ右手にあります。

海側から見たPortu通り。

2階のあたりにペンシオンウラウデの看板が出ています。

ペンシオンウラウデのロゴ。
外観を撮り忘れてしまいました。
痛恨のミス。

建物の3階部分がペンシオンウラウデです。
エレベーターもあるので大きなスーツケースも
楽々運べますよ。

ムール貝のメヒヨネラ朝食にぴったりのカフェ
の間にあります。

 

部屋の雰囲気

私たちが泊まったお部屋は
超シンプルで旧市街の道に面したお部屋。

バスタブなしのシャワーのみ。
シャワーとトイレは別れています。
お湯を沸かすケトルとコーヒーセットが置いてありました。
もちろんNHKワールドは映りません。
 
写っていないですがクローゼットがあり、
その前と写真右奥のヒーターの前で大型スーツケースを
広げることができます。
 
めちゃシンプルで小さなお部屋ですが
毎日すごく綺麗にお掃除してくれるので快適に過ごせました。

旧市街の中にあるので、酔っ払っても、眠くなっても、
お店のおトイレが嫌でも簡単に戻って来れます(笑)

お部屋は通りに面していましたが、
オフシーズンだったからか通りがうるさいこともなく、
夜はぐっすり眠れました。

受付は24時間ではありませんが、
受付のスタッフはとても親切で、
知りたいことがあって聞くと
すぐ調べてお店に連絡してくれたり、
タクシーを手配してくれたり、
オリジナルのおすすめバルの一覧を渡してくれたりしました。

ちなみに、私たちが泊まったお部屋は

アトランタ。

なぜかお部屋にはアメリカの都市の名前がついていました。
そしてハリウッドスターの写真が飾られていました。

 

値段

1泊目:44.55€
2泊目:50.91€
3泊目:50.91€

税金込みで トータル 
3泊  161€ 約2万円!?

とびっくりするほどの破格でした。

予約時から時間が経っていて、
予約した時のお値段を忘れていたので
会計した時に安すぎてびっくりしました。

ピーク時期やサンセバスチャンでイベントがある時は
お値段が跳ね上がって250€くらいすることもあるみたいです。
私たちは次に行くことがあったら、
やっぱりオフシーズンを狙うと思います。

 

周辺には何がある?

バル!カフェ!レストラン!
コンビニ的なお店!お土産屋!
とにかくなんでもあります。

超便利&リーズナブルで浮いたお金で
美味しいものを思う存分頂けました!!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です