サンセバスチャン、パコブエノのエビのフリットは絶品だったよ!

美食の街、サンセバスチャンの旅行記です。
サンセバスチャンといえば、バル巡り!
小さな街にたくさんのバルがひしめいています。

今日紹介するのは、

パコブエノ (PACO BUENO)

パコブエノ

パコブエノの看板メニューは?

パコブエノの看板メニューは、
もう、これだけ!と言い切っていいほどの逸品!

ガンバスガルバディーナ (Gambas Gabardina)

海老のフリット

pacobueno

です。
適当な写真で申し訳ないです。

一人前2尾で、2尾が串に刺さって出てきます。
ビール小と一緒に頂きました!

「ガンバ」と言えば通じます。

 

本当に美味しいの?

美味しいです!
ころもは熱々サクッサクで
エビはぷりっぷり!
ちょうど良い塩気でいくつでも食べられそうでした!
バルホッピングには最適です!
もし再訪できたら絶対に行きたいお店です。

「ガンバ」とオーダーし、
目の前にガンバが数個あるのに、なかなか出してくれませんでした。
なんでだろー?と思いつつビールを飲みながらしばし待っていたら、
奥から揚げたてのガンバが山盛りでやって来ました。
そしてそれが手際よく皿に乗せられ提供されていきました。
忘れられたり、無視されているわけではないので
根気よく待ってみてくださいね!

私たちが行った時は、たまたますいていましたが、
帰る頃にはカウンターだけではなく、
店内中が人でいっぱいになっていました。

でもお客さんでいっぱいでも大丈夫です。
ほとんどの方が飲み物とガンバだけを注文し、
熱々をサクッと食べて、サクッとお店を出て行きます。
かなり回転率の高いお店なので混んでいてもちょっと待てば
熱々のガンバを頬張れます!

地元民に愛されるお店と聞いていましたが、
私には欧米系の人たちの誰が地元民で、
誰が観光客なのかはさっぱりわかりません。

が、パコブエノではわかった気がします。
このお店は、ひとりで来ているおじいちゃん率がすごく高かったです。
私の中での地元民は
「ひとりで来ているおじいちゃん」
に決定しました!

パコブエノのカウンターはめちゃ高さがあるのですが、
これはカウンターで料理を見せなくてもいいから、だそうです。
(地元民は美味しいことを知っている)
行きたくなって頂けましたか??

どこにあるの?

住所  :Calle Mayor, 6, 20003 San Sebastián, Guipúzcoa, スペイン
電話番号:+34 943 42 49 59
web  :不明

営業時間は?

10:30~15:00 / 17:30~22:00

定休日 :金曜日

支払いは現金のみ。
クレジットカードは使えませんでした。

 

こちらの記事もどうぞ!

バル攻略法カウンターピンチョス

サンセバスチャンのバル攻略法。オーダー方法は?日本語は通じる?

2019年8月5日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です